メガネの鼻あてが緑色に!簡単に取る方法と日々のお手入れは?

スポンサードリンク

メガネ鼻あてパッド

長くメガネをかけていると、鼻あてパッドの部分が緑色に変色してギョッとしたことありませんか?

メガネ屋に持っていくのも手間だし、なんとか自分で取り除きたいものです。

私もメガネを使用しているので昔のメガネを引っ張り出したらなんと鼻パッドが緑色になっていました。

そこで今回はこの緑色の物体を取り除いてみました。同じように悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

鼻あてパッドの緑色を取り除いた方法

鼻あてパッド

まずはメガネの謎の緑色を取り除くには、どのような方法があるか調べました。

  • 爪楊枝で緑色のものを取り除く
  • 酢やレモン汁をつけて取り除く
  • 新品に交換する

このようなやり方がありましたが、なにかイマイチ「ピ〜ン」とこなかったんですね。

それでわたしが実際にやった方法は、メガネ本体から鼻あてパッドを外して緑色を取り除くことにしました。とはいっても鼻あてパッドのシリコンは、ビス一本で止まっているので超簡単でしたよ。^^

無水エタノールも常備してあるのでこれも使いました。使ったものは下記のものです。

  • 精密ドライバー
  • ティッシュペーパー
  • 爪楊枝
  • 無水エタノール

まず、精密ドライバーでネジを外します。そうするとシリコンパッドが簡単に外れます。
鼻あてパッド緑

外れたら爪楊枝でこすって取り除こうとしましたが、しつこくこびりついていて、なかなか取れません。

で、精密ドライバーの一番小さいマイナスドライバーを使い削り落としました。爪楊枝よりおすすめですよ。

その後メガネ本体の鼻あてパッド受けの部分にも緑色がびっしりこびりついていましたので、これを落とします。(ボケてしまいました。)
鼻あてパッド02

この場合、マイナスドライバーは入りませんので、爪楊枝にティッシュペーパーを少し巻きつけ、無水エタノールに浸してグリグリしたらきれいになりました。

ついでにシリコンの鼻あてパッドも無水エタノールで拭き上げます。あとは外した時と逆の作業でネジ止めするばおしまいです。

もう一方の鼻あてパッドも同じ要領で行います。これで謎の緑の物体が結構取れました。^^
鼻あてパッド03

しかし、この緑色の物体、気になりますよね?

鼻あてパッドの緑色の正体は?

鼻あてパッド緑04

この鼻あてパッドの緑色は緑青(ろくしょう)と言って、ズバリ!サビなのです。^^;

サビって緑色になるの?と思いませんか?

緑色の銅像をみたことあると思います。これは成分にが含まれていると酸化して緑色になるんですね。あの緑色のものは、銅が酸化したものなんです。

銅像サビ

メガネの場合も同様で、鼻パッドを止めているメガネ本体やビスも銅を含んでいるため酸化すると緑色になるんです。

サビる原因は皮脂や汗などの水分です。スポーツで汗をかいたりした時に、顔は洗いますがメガネも洗ってますか?

多くの人がそのままだと思います。
こういったことが原因でサビが発生してしまうんですね。

サビるのは鼻パッドの部分だけではありませんよ。メガネを折りたたむヒンジの部分も緑色にサビることもあります。

では、必ずサビついて緑色になるのでしょうか?実は、お手入れ次第で防ぐことができるんです。


スポンサードリンク

メガネのお手入れと注意すること

自慢ではありませんが、私は普段メガネのお手入れなんてしたことありません。^^

今のメガネはかれこれ10年くらいたちます。フレームと鼻あてが一体式なのでサビはないのですが・・・。

強いて言えば、光にさらすとレンズのコーティングが波打っています。換え時ですかね?^^

日頃のお手入れは、汗をかいたらメガネも水洗いすることです。普段運動しないから大丈夫ではありません。毎日皮脂も付くし、知らず知らずに汗もかいているんですよ。

なので寝る前の歯磨きや顔を洗う時にメガネも一緒に洗ってあげましょう。

洗うと言っても流水で流す程度でいいんです。それだけでも効果はありますのでぜひ習慣にしたいものですね。(ある意味自分自身に言い聞かせています^^)

それともう一つ、大事なことがあります。

メガネは水で洗うのが基本ですよ。
お湯はNGです

現在ほとんどがプラスチックレンズです。プラスチックは熱に弱いです。

メガネレンズも例外ではありません。またコーティングにも影響を及ぼしますので、必ず水を使用して下さいね。

メガネをきれいに保つ日々のお手入れ(メンテナンス)方法

メガネのレンズが汚れた時はどうしてますか?とりあえず、ティッシュペーパーでゴシゴシ・・・

なんてしてませんよね?

意外とやりがちなのですが、これはレンズを傷つけつる行為なんです。

NG

ではどうするの?

まず息を吹きかけてレンズを曇らせます。次に柔らかいメガネ専用布で優しく拭き取ります。こうするとレンズコーティングにも負担がかからず長持ちすしますよ。

手元にティッシュペーパーしかない場合も同じですが、メガネ専用布より更に優しく拭くように心がけて下さい。ティッシュペーパーって柔らかいようで意外と硬さがあり、物によっては研磨剤を含んでいるものもありますからね。

メガネを洗うには中性洗剤が一番適しています。多くのメガネレンズにはコーティングが施されています。このコーティングはアルカリ性なんですね。なので緑のサビを落とす方法で酢やレモン汁を使う方法があると言いました。

サビはアルカリ性です。酢、レモン汁は酸性なんです。なので中和させて汚れを取るということなんです。

それと、レンズのコーティングもアルカリ性ですから作業中に液がかかるとコーティングが剥がれてしまいます。酢やレモン汁を使用する時はティシュでレンズを包むなりして、液がかからないように注意して下さいね。

まとめ

  • メガネの鼻あてパッドの緑の物体はサビ
  • サビを取る方法は色々ある
  • 本体から鼻あてパッドを外すとやりやすい
  • お手入れを習慣化する
  • レンズはゴシゴシ擦らない
  • ティッシュペーパーは意外と傷つきやすい
  • お湯は使わない

今回はいかがでしたか?

鼻あてパッドを取り外す時は、広いところで行いましょう。ネジが小さく、床に落とすと見つけるのが大変です。私は落として見つけるのに時間かかりました。^^;

緑のサビは意外と目立ちます。
サビを落として、いつもきれいなメガネで第一印象を良くしたいものですね。

スポンサードリンク

ブログランキング

ポチッと押してくれると
飛び上がって喜んだりします
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする