口笛が吹けないのはなぜ?簡単に吹けるようになるコツとは?

スポンサードリンク

口笛を吹けない人は意外と多くいます。

あなたは吹けますか?なぜ吹けないのでしょうか?

実は、口笛を吹くにはコツがあるんです。今回は、口笛を吹けない人がどうしたら吹けるようになるのか?管理人の経験からそのコツをお教えします。

吹けない人は是非参考にしてくださいね。

口笛を吹けない人にが吹けるようになるコツ

口笛吹けないのはなぜ

口笛を吹けない人をみると、闇雲に息をはいているだけの人が多くいます。口をすぼめて息を吐くだけでは口笛は吹けません

まず、こちらの動画が参考になりますので御覧ください。

動画の中で、息を吸って音を出すと言ってますが、まさにこれなんです。管理人もこのようにして覚えた記憶があります(遠い記憶ですが)^^;

口先を細めたり広げたりしながらやると音がでやすくなりますよ。

舌の位置は下の歯と歯茎の間につけます。ここがミソです。それと唇は乾いていると音が出にくいです。唾液で濡らすと音が出やすくなります。

唇の形としては、「冬(ふゆ)」という言葉を言う時の形とよく似ています。「冬、冬、冬、冬」と何度もいってみてください。

そうすると自然と口の形ができあがります。この形で練習してみてください。

最初は音がなかなかでなくて、口の周りが疲れます。

それでも練習していると息を吐く強さや口の細め方で音が出るときがあります。その感覚を覚えてください。そうすると簡単に口笛を吹けるようになります。

口笛を吹けるようになるまでにはある程度の根気が必要です。


スポンサードリンク

口笛で高音と低音を出すには?

口笛で高音、低音を出すには舌の位置で調整します。口笛が吹けるようになったら是非挑戦してみてくださいね。

高音を出すときは、下の歯と歯茎のところにある舌をすこし上の方に移動させます。低音は逆に下に移動すると出ます。

まとめ

  • 最初は息を吸って音を出してみる
  • 舌のいちは下の歯茎に軽くつけておく
  • 口の形は「冬」といった時の形
  • 練習あるのみ!

きれいに口笛を吹けるとかっこいいですよね♪

できないからといってすぐ諦めずに練習してみてくださいね。誰でも必ず吹けるようになります。

音が出る感覚をつかめばこっちのものです。

スポンサードリンク

ブログランキング

ポチッと押してくれると
飛び上がって喜んだりします
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする