スマートウォッチの丸型は多々あれど文字盤デザインがいいのはこれ!

スポンサードリンク

仕事にもプライベートにも使える丸型のスマートウォッチを探していました。しかも文字盤表示は針のアナログ風デザイン。

いろいろ調べて結局購入したのは丸型のHeliusというスマートウォッチです。

今回はこのスマートウォッチを2ヶ月使ってみて感じたことを書いてみます。これから丸型スマートウォッチの購入を考えているのであれば参考にしてくださいね。

丸型のHeliusスマートウォッチはコスパがいい

今回購入したHeliusの丸型スマートウオッチは、価格の割に質感がよくアナログ時計らしいスマートウォッチだと思いました。

ウォッチ本体はカーボンファイバーでできていて傷つきにくく、2ヶ月くらい使用していますがボディやガラスに傷は見当たりません。

ちなみに、お風呂に入るとき以外はつけっぱです。^^

スマートウォッチ本体、取説(日本語)、USB充電ケーブル、検品書が同梱されてます。

丸型のためダイバーズウォッチ風

ガラス周りに数字が刻まれているので一見ダイバーズウォッチ風です。

今回、購入の決め手になったのはここにあったかもしれません。この数字があるのとないのでは、見た目が変わってきますよね。

ただ、ウォッチ本体に刻まれているわけでなく、シール?っぽいですが・・・。

3つのボタンが飾りでない

最初は飾りだと思っていたのですが、上の小ボタンが各項目の順送り下のボタンが逆送り。

真ん中のリューズを長押しで電源ON,OFF。軽く押すとスリープ状態から時間表示されます。

明るくてバッテリーの持ちが良い

もちろん明るさ調整もできますが、最小でもかなり明るいです。

外で見にくいと思ったことは今までありません。

バッテリーの持ちは大体2週間位は持っています。

最初は腕上げ表示が鬱陶しいのでOFFにしておいて必要なときだけ表示させていました。その時で3週間以上持ちました。

参考までに今は腕上げ表示をON、電話、メッセージ、LINEの通知ON。目覚ましバイブも使用しています。日々の筋トレ時のストップウォッチ、ウォーキング等ほとんど毎日使用している状態です。

上の画像はシールが貼ってあります。

文字盤のアナログ表示のデザインがいい

針のあるアナログ風デザイン表示2つ、デジタル表示が2つ計4種類の表示があります。

この手のタイプのスマートウォッチは針付きアナログ風のデザインはあっても一種類程度であまり好みのデザインがないんですよね。

Amazonの説明では三種類のデザインとカスタムで背景を変えられるとありますが、カスタマイズできるのはスクリーンセイバーの設定のみです。未だにこのスクリーンセイバーの使い方がわからないのですが・・・。

ストップウォッチ使用時は画面がスリープ状態にならない

当たり前って言えば当たり前なんですが、実はこのスマートウォッチの前に別の丸型のものを使ってまして、その時はストップウォッチ使用していても画面が消えてしまうんですよね。

よくわからないのですが普通そうなんでしょうか?とても不便でした。

使ってたのはこれです。

Helius丸型スマートウオッチの短所は?

いい事ばかり書きましたが、イマイチのところもありますのでその点も書いておきますね。

あくまでも管理人が個人的にイマイチだっただけで使う人によって様々ですので参考までに読んでくださいね。

スマートウォッチのベルトはいただけない

ベルトは磁石でつくタイプのベルトでアップルウォッチでも使われていますよね。

実際使ってみるとベルトの縁が荒作りで今まで半袖で過ごしていましたが、これが長袖を着るようになると袖口の部分がほつれるようなそんな気がしました。

スマートウォッチにしてからこのような金属ベルトは使用しなかったので、つけっぱなしとなると何かとつけ心地が芳しくありませんでした。

スマートウォッチを外したときも磁力が強力なため真っ直ぐに伸びず、くっついてクシャクシャになってしまいます。

それで今は別途シリコンベルトを購入してそれをつけて使用しています。肌に優しく快適でとってもいい感じです。^^

このスマートウォッチには、ベルトが磁石式とシリコンの2種類販売しているようです。

画像:Amazon

左が購入したベルトタイプ

スマートウォッチのバイブ弱さと回数

目覚ましを設定して毎朝起きているのですが、バイブが弱く気が付かない場合が多くなりました。目覚ましだけでなく、電話やLINEの通知も弱い方だと思います。

強弱選択できるようにするには難しいのでしょうかね?

それとバイブ回数ですが、目覚ましでは3回程度しか震えません。^^;

いちばん最初のスマートブレスレット「MiBand2」は、止めるまで震えていましたので本当に目覚まし時計がわりになってました。

Mi Band 2を購入して早2週間たちました。 ipnone 5sとペアリングして、その間外したのはお風呂に入るときだけです。使い方...

血圧はあくまで目安

このスマートウォッチに限ったことではないですが血圧の数値は当てになりません。

ただ、スマホに入れるアプリ(EnjoyFit)には血圧調整機能がついてます。

これはどういったものかというと市販の血圧計で測った数値を基準に高いのか?低いのか?を選択することによって少しでも精度をあげようとする機能です。

といっても目安にする程度ですが。

まとめ

  • 価格の割にはスマートウォッチ自体の作りがいい
  • 丸型の外観のためダイバーズウォッチ風がステキ
  • 3つのボタンが飾りでない
  • 明るくて電池のもちが良い
  • 文字盤のアナログ表示のデザインがステキ

反面、イマイチなところは

  • スマートウォッチのベルト
  • スマートウォッチのバイブ弱さと回数
  • 血圧はあてにならない

以上、スマートウォッチの丸型Heliusを約2ヶ月使ってみて感じたことを書いてみました。

フルスクリーン対応になればもっといいのですが今のままでも十分満足できるスマートウォッチだと思います。

スポンサードリンク

ブログランキング

ポチッと押してくれると
飛び上がって喜んだりします
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする